家族葬についてのご紹介

家族葬についてのご紹介サイト!

家族葬とは?

家族葬とは?

近年の葬式形態の変化から誕生した家族葬
近年日本国内では様々な文化が昭和時代と比べて変化しつつありますが、葬式の形態もここ数年で変化しつつあります。本来葬式は地元住民が当番制でお手伝いをし切り盛りしていくのが、日本の葬式の一般的な形態であり、葬式は地域住民との大事なコミュニケーションの場であったとも言うことができますが、核家族社会ともいえる現在では葬式のスペースを確保することが困難な理由から、葬式社などが持つ葬式場を借りて葬式を行う形態が増えてきています。そして更には家族葬が増えてきているという流れも見逃すことはできません。
家族葬とは故人の親しい関係者のみで行う葬式のことを意味し、故人の遺族・親族・友人など人数を限定し小規模で行う近年独特の葬式の形態です。例えば本来の葬式であれば、近所住民のお手伝いや、弔問など多くの人が葬式には訪れます。しかし全ての故人がこのように多くの人の弔問を受けるわけではありません。特に高齢化社会とも言われている近年は、定年退職後も20年以上生きる人が非常に増えてきており、会社という社会生活から遠ざかった人などは故人を知る人も必然的に少なくなっていることから、弔問客は限られています。また本来葬式には相当の時間を要しますが、時間のゆとりのない近年では、葬儀を取り扱う家族が時間を確保することができずに、最低限の時間を使って葬儀を行うといった目的で家族葬を行うケースも増えてきており、家族葬はこのように弔問客を最低限に絞って行う葬儀です。
かつて有名人の葬式などはTVで中継を行うといったケースも少なくありませんでしたが、しかし最近では芸能人も家族葬を行うなど、多くの弔問者を制限する目的で家族葬を利用するケースも少なくなく、こういった芸能人の影響もあってか広く一般の方に認知されつつある葬式の形態の一つなのです。今後ますます家族葬を行う家族が増えていく可能性が高いといえるのが現状ですが、家族葬もあくまで葬式であり、その中には避けるべきマナーや決まりごとも存在しています。こういったマナーや決まりごとを確実に把握した上で、トラブルやミスの無いように行うことこそがなにより大事といえます。

 

↓↓↓家族葬の申込はこちらから↓↓↓



家族葬で故人との別れをゆっくりと過ごすことが出来ます

ご自身の家族が亡くなられた時に執り行うお葬式、現在では故人との別れの時をゆっくりと過ごしたいとの思いから、家族葬を行われる方が多く居られます。
家族葬とは、主に家族や親族、親しい友人だけで執り行うお葬式の事で、小規模での葬儀となります。参列者が少ないことから、故人との別れを惜しみなくゆっくりとその時を過ごすことが出来ます。
大きな規模で葬儀を行うと参列者への対応が大変となり、不慣れな対応を行うことによって心身ともに疲れることとなりますが、家族葬ならば心身の負担を軽くし時間に追われることなくゆっくりと故人との最後の時間を得ることが出来ます。
また、参列者が少ないことで大きな斎場を使用する必要もないことから、葬儀に掛かる費用の予算を計算しやすく経済的な葬儀を執り行うことが出来ますので、家族に掛かる費用の負担を軽減することも出来るといった意味から、故人が家族葬を希望する例も非常に多くなっております。家族葬を行う上で注意しなければいけない点は、親族からの反対が出ないよう説明をきちんと行わなければならない点です。
親族の中には世間体や昔からの習慣を大切に考える方もいらっしゃる場合があり、そのような方へきちんと説明し理解を得る必要があります。
また、何故知らせてくれなかったのかと後日に弔問客が訪れることにもなりかねますので、そのような方への対応もしっかりと行うことが出来るよう準備しておく必要が出てきます。


↓↓↓家族葬の申込はこちらから↓↓↓



 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ